内科

内科とは

感冒症状(風邪や胃腸炎)や、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の管理・予防など内科的治療を幅広く行っております。職場での健診にて2次健診を勧められた方のご相談・治療も受け付けております。

また内科では「原因はよくわからないけど、とにかく体調が悪い」と訴える患者さんの診察も行っており、どの診療科で受診するのが一番適切なのかの判断もいたします。診察の結果、必要と判断した場合は検査を行い、入院加療や高度な医療などが必要な場合は、適切な医療機関への紹介もいたします。

こんな症状はご相談ください

  • 発熱
  • せき、痰、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ
  • 急な体重の増減 など

当院の内科における主な対象疾患

  • 急性疾患
    風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、尿道・膀胱炎、熱中症 など
  • 慢性疾患
    生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)、メタボリックシンドローム)、貧血、頭痛、便秘症 など

感冒(風邪症候群)

感冒症状とは、ウイルスによる感染で生じる急性の呼吸器疾患(くしゃみ・鼻水・発熱・倦怠感・咳など)を意味しており、いわゆる風邪症候群と診断されることが多いです。

なお、風邪を引き起こすウイルスというのは様々で、特定なものはありません。アデノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなど200種類以上あると言われています。症状がひどくない限りは、ウイルスの特定をすることはありませんが、呼吸器疾患をこじらせると肺炎や気管支炎などを起こすことも考えられるので、たかが風邪と感じても症状がつらければ、速やかに受診するようにしてください。

インフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染(飛沫・接触)することで発症する病気です。一般の風邪と比べると症状は重いのですが、感染して1~2日後に発症、症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。ひどい状態になると、呼吸困難や気管支炎、肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全に至ることもありますので、注意が必要です。

主な症状としては、高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状のほか、せき、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などもみられます。インフルエンザの症状が疑われる場合、検査キットによる診断を行います。なお、その結果は15分ほどでわかります。

ノロウイルス

ノロウイルスは感染性胃腸炎の一種であり、ウイルスや細菌などが感染して発症する胃腸炎のことを言います。同ウイルスに感染すると、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などの症状を引き起こします。発熱については、約半数の患者さんにみられます。

感染する原因としては、ノロウイルス感染者の便や嘔吐物からの感染、あるいは同感染者のウイルスの付いた手で触った食べ物を介しての感染のほか、十分に加熱調理されていない、あるいはウイルスに汚染された貝類などからの感染が考えられます。

熱中症

熱中症とは、ひとつの病気を意味するものではなく、気温の上昇や過度な運動などにより、体温が上昇することで起きる健康障害の総称です。以前は、熱射病、熱疲労、熱けいれん、熱失神などと呼ばれていましたが、現在は症状の度合(軽度、中等度、重症)によって、分類されています。

身体の中にある産熱(熱を作る器官)と放熱(熱を体外へ逃す器官)のバランスが崩れる、脱水症を起こしている、体内の電解質(ナトリウムなど)の不足などが原因で、熱中症は発症すると言われています。この症状は、青少年や中高年に多く見られ、青少年は主に運動が原因で、中高年は生活環境や労働環境の問題で起きると言われています。

状況としては、炎天下の環境に長時間いた場合や、真夏の暑いさなかに運動をした際に起きることが考えられますが、気温がそれほど高くなくても湿度が高い、体が暑さに慣れていない、また室内であっても環境によっては熱中症は起きますので注意が必要です。

熱中症の重症度による主な症状についてですが、軽度いわゆる重症度Ⅰ度では、めまいや立ちくらみ、気分の悪さを訴えたり、こむら返りや生あくびといった症状が現れます。このような場合の対処法としては、風通しの良い涼しい場所に移動し、経口補水液やスポーツドリンクを摂取、足をやや高くさせて横になるようにします。症状が改善しなければ受診するようにしてください。

また、中等度いわゆる重症度Ⅱ度は、頭痛や吐き気・嘔吐、全身のだるさといった症状がみられます。対処法としてはⅠ度の場合と同様ですが、速やかに医療機関をご受診ください。

重症の場合は重症度Ⅲ度に分類されます。この状態では、全身けいれん、意識障害、高体温といった症状が現れているので、直ちに体を冷水や濡れタオルなどで冷やすなどの処置が必要です。

糖尿病

糖尿病とは、何らかの原因により、血液中のブドウ糖(血糖)が細胞にうまく取り込まれなくなることでエネルギーとして十分に利用されず、慢性的にだぶついてしまっている状態(いわゆる高血糖状態)を言います。これが長期間続くと、肝臓で脂肪になったり、腎臓から尿糖として排泄するようになります。これが糖尿病です。なお発症初期の段階では自覚症状はありません。

長期にわたって糖の過剰な状態が続くのは、血糖を下げる役割をするホルモンの一種インスリンが出なくなるもしくは作用不足が原因です。なお、インスリンが働かなく原因というのは主に4つ(1型糖尿病、2型糖尿病、2次性糖尿病、妊娠糖尿病)あり、このタイプ別がいわゆる糖尿病の種類ということになります。

なお、全糖尿病患者のおよそ9割を占めるのが2型糖尿病です。これは、日頃の不摂生な生活習慣(エネルギーの過剰摂取、運動不足)をはじめ、遺伝的要因、ストレスなどが原因と考えられています。また、1型糖尿病は、インスリンを産生する膵臓のランゲルハンス島β細胞が主に自己免疫によって破壊され、インスリンが分泌されなくなる状態です。そのほか、2次性糖尿病は遺伝子異常や特殊な病気(内分泌疾患や膵疾患、ウイルス感染など)、あるいは薬剤・化学物質の影響などが原因で発症する糖尿病です。さらに妊娠糖尿病は、インスリンの働きを弱めるホルモンが妊娠時は胎盤から多量に分泌されることから、高血糖状態に陥りやすく、糖代謝異常の状態になっていることを言います。

糖尿病は進行すると、細小血管を中心に血管がダメージ(動脈硬化など)を受けるようになり、ある病気が元になって起こる別の病気や症状、いわゆる合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病三大合併症)を起こすリスクが高まります。さらに動脈硬化を促進させると大血管障害(心筋梗塞、狭心症、脳卒中など)を発症することもあります。

脂質異常症

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリセグライトなど)の値が慢性的に高い状態か、もしくはHDL(善玉)コレステロールの値が慢性的に少ない状態が脂質異常症です。いずれにしても自覚症状が現れませんので、血液検査や健康診断で指摘されて初めて気づく方が多いです。なお、脂質の量に異常が生じる最大の要因は、食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取です。

コレステロールは元々体に必要なもので、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料でもあるのですが、これが多すぎると血中のコレステロールが過剰(LDLコレステロール)になって動脈硬化を起こすようになり、さらに放置のままだと、狭心症や心筋梗塞、脳卒中を起こすことがあります。また、HDL(善玉)コレステロールは余分なコレステロールを回収する働きがあるのですが、これが少なすぎると回収されずにコレステロールがたまりやすくなるので、この場合も過剰になります。

法人TOPページに戻る

しもつけTOPへ

ページトップに戻る

診療科目
内科、循環器科、腎臓内科、人工透析内科
所在地
〒328-0111 栃木県栃木市都賀町家中2195
最寄り駅
東武日光線「家中駅」徒歩8分
電話
0282-27-8118
診療時間
日祝
9:00

12:00
15:00

18:00

休診日:火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

ACCESSMAP
都賀中央医院 地図