腎臓内科

腎臓内科とは

腎臓には尿の生成やホルモンの産生・調節という役割があります。このように体液の恒常性の維持に欠かせないとされる腎臓に関わる疾患を内科的に診断・治療するのが腎臓内科です。主に血尿やたんぱく尿が続く方、腎機能が低下した方などが対象になります。

また健康診断の結果から、尿の異常を指摘された(尿潜血、たんぱく尿など)方や腎臓に関して不安があるという方もお気軽にご相談ください。

こんな症状のある方に受診をお勧めします

  • 尿検査で「尿潜血」や「たんぱく尿」を指摘された
  • 顔色が悪い
  • 立ちくらみ、貧血
  • 健診等で腎機能が悪いと言われた
  • 疲れやすい、倦怠感、息切れがする
  • 尿の色や状態がおかしい
  • 顔や足がむくむ
  • 糖尿病の治療中である
  • 家系的に腎臓病が心配 など

腎臓内科の主な対象疾患

慢性腎臓病(CKD)、腎結石、腎不全、糖尿病性腎症、高血圧性腎硬化症、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎 など

腎臓内科でよくみられる主な症状・対象疾患

尿潜血

尿潜血とは、赤血球が尿中に混じっている状態を言います。このような症状がみられると、腎臓や尿管、膀胱、および尿の通り道(尿路・尿道)に何らかの異常が起きている可能性があります。

血尿は、がんが原因の場合もありますが、それ以外の理由であれば、治療の必要がないケースがほとんどです。ただし、尿潜血を指摘されたら必ず医療機関を受診し、原因を明らかにする必要があります。

たんぱく尿

たんぱく尿とは、尿に血液中のたんぱく質が出ている状態です。その原因として考えられるのが、急性腎炎や慢性腎炎など腎臓自体の病気がある場合、また糖尿病、膠原病、高血圧など、全身疾患の一部として腎臓に障害が起きる場合に見られます。治療法については原因によってそれぞれ異なりますので、まずはたんぱく尿が起きている原因を調べるべく検査を受けるようにしてください。

慢性腎臓病(CKD)

慢性に経過するすべての腎臓病の総称が慢性腎臓病(CKD)です。日本では約1,330万人もの患者さんがいると言われています。CKDは、心筋梗塞などの心血管病(CVD)合併の頻度が高く、また無症状のうちに腎機能が低下します。そのため透析や腎移植を必要とすることもあります。

症状が現れることがほとんどないのがCKDの特徴でもあります。そのため多くは、尿中のたんぱく質濃度を調べる尿検査や、血液中のクレアチニンを調べる血液検査を行うことで、発症していることに気づきます。他の病気と同様にCKDも早期発見が大切ですので、このような検査を定期的に受けられることをお勧めします。

糖尿病性腎症

糖尿病を発症することで起きる腎疾患が糖尿病性腎症です。糖尿病三大合併症の一つでもあります。糖尿病を発症すると高血糖の状態が長い期間続くようになり、次第に動脈硬化を進行させるようになります。そのような状態になると腎臓でも血管が壊れ、破れ、詰まったりするなどして老廃物を濾過することができなくなり、やがて尿がつくれなくなります。これが糖尿病性腎症です。

尿の生成が困難になると、機械で血液の不要な成分を濾過し、機械で尿をつくる「人工透析」を行う必要があります。なお、糖尿病性腎症は人工透析になる原因の1位でもあります。ただ、糖尿病性腎症を発症すると急に尿の生成が困難になるわけではありません。病状は段階を経て進行していきます。

長期に糖尿病を罹患(5年以上)している方で、微量のアルピミン尿やたんぱく尿が認められる場合は発症している可能性が高いです。そのため、できるだけ早期のうちにこの疾患を発見し、適切な治療を早期のうちに開始することが重要です。治療では、病期(第1~5期に分けられる)に応じた治療(血糖管理、降圧治療、食塩摂取制限など)を行います。

腎不全

腎不全とは、主に腎機能(糸球体濾過量)の低下が原因で、正常に働かなくなった状態を言います。この場合、急性腎不全と慢性腎不全の2種類が考えられます。

急性腎不全は、何かしらの原因によって腎機能が急速に低下し、老廃物がうまく排出されなくなった状態です。治療は、急性腎不全となった原因に対するものと、腎不全から回復するまでの腎不全期の管理の2つから成ります。

また慢性腎不全では、慢性の腎臓病が徐々に悪化し、腎機能は低下していきます。慢性腎不全が進行して末期腎不全の段階に至ると、腎機能が極度に低下し、そのままでは生命を維持できなくなるため、腎臓の働きを補う人工透析、あるいは根治療法である腎移植が必要になります。

ネフローゼ症候群

多くのたんぱくが尿から出ることで、血液中のたんぱくが減る(低たんぱく症)ようになるのですが、これが原因でむくみ(浮腫)が起こる疾患をネフローゼ症候群と言います。

むくみは、低たんぱく血症が起こるために血管の中の水分が減って血管の外に水分と塩分が増えるために起きるのです。子どもの発症が多いのが特徴ですが、大人にも起こります。ネフローゼ症候群の診断にあたっては、一般に腎生検を含めた詳細な検査が行われます。

たんぱく尿以外の主な症状としては、低蛋白(アルブミン)血症(血液中の蛋白質・アルブミンが低下する)、高コレステロール血症、むくみのほか、泡状の尿や食欲不振、倦怠感、腹痛、水溶性の下痢症状などが出ることもあります。

法人TOPページに戻る

しもつけTOPへ

ページトップに戻る

診療科目
内科、循環器科、腎臓内科、人工透析内科
所在地
〒328-0111 栃木県栃木市都賀町家中2195
最寄り駅
東武日光線「家中駅」徒歩8分
電話
0282-27-8118
診療時間
日祝
9:00

12:00
15:00

18:00

休診日:火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

ACCESSMAP
都賀中央医院 地図